3つの宗教と多くの運動。それぞれの新しいフォークは、既存のルールとの不一致です。理解できない状況を理解しようとする人は、外部からの助けと支援を求めます。見つける人もいれば、一人でいる人もいます。記事では、ペンテコステ派が誰であるかがわかります。宗派かどうか?なぜ彼らは最も物議を醸し、スキャンダラスだと考えられているのですか?

ペンテコステ派はどのようにして生まれたのですか?

流れの名前は、イースターの50日後に降る三位一体の饗宴に由来します。聖書は、使徒たちが世界中を歩き回って福音を宣べ伝えるために、聖霊が使徒たちの上に降りてきたと言っています。聖霊は彼らに贈り物を与えました:偉大な知恵、膨大な知識、癒しと予言の能力、異言の好み。

ペンテコステ派は宗派ですか?読んで、考えて、答えて

1901年、「使徒言行録」という本を読んだチャールズ・フォックスは、クリスチャンが特徴的な霊的状態を失ったという結論に達しました。彼は聖書学校を開きました、そして、学生は奇妙な特徴に気づきました。聖霊のバプテスマは常に異言で話すことを伴い、時には病人を癒しました。

世界ペンテコステ派同胞団は私たちの時代にさかのぼります。これには59の教会組合が含まれています。最も重要な協会は、米国とラテンアメリカにあります。迫害の時期があり、ペンテコステ派はバプテストに加わらなければなりませんでした。しかし今では、独自のルールとグループを備えた別の宗派になっています。

ペンテコステ派はいくつかの教えに同意し、規則に特定の点を含めています。たとえば、モンタノス派。類似点は、礼拝の実践の否定にあります。礼拝の代わりに、集会が開かれ、禁欲的なライフスタイルが説教され、予言の賜物が発達します。

正教会とペンテコステ派の共通の特徴

  • 天国、地球、そして周りのすべてを創造した一人の神への信仰。
  • 人々の重大な罪の贖いとしての主イエス・キリストの犠牲の受け入れ。
  • 聖書は神の主な言葉です。
  • 休日の遵守:イースター、トリニティ、収穫祭。
  • 教会の秘跡の成就:バプテスマ、悔い改め、聖体拝領。
  • イエスの再臨、神の裁きと永遠のいのちへの信仰。

    正教会とペンテコステ派の共通の特徴

違い

ペンテコステ派は大きな違いがあるため、正教会に固執していません。主な矛盾の1つは、アイコンの崇拝です。神の戒めは、「自分を偶像にしないでください」と言っています。

ペンテコステ派は、彼らの意見では「私たちのために神に祈る」というフレーズは無意味であるため、祈り(聖人に訴える)を認識しません。これは見知らぬ人への訴えであり、神は私たちに起こるすべてのことを聞いて見ます。

ペンテコステ派は、すべての願いが常に満たされなければならないと確信しています。時々私たちの考えは矛盾していて、神は計画されたすべてを常に与えるとは限りません。これは理解できる現象です。その人は本当の目的を理解しておらず、間違った方法を思いついています。

ペンテコステ派は、奇跡は日常生活に追加されるものであると信じています。正統派は再利用可能な奇跡に反対しています。それはプライドと虚栄心を発達させます。罪を見つけて取り除くことによってのみ、人間の行動に変化があります。

ペンテコステ派は繁栄の理論を説きます。富の獲得は真のクリスチャン生活の必要な部分です。キリスト教は快適な喜びであることがわかりました。しかし、キリストとその使徒たちの試練についてはどうでしょうか。

ペンテコステ派は積極的に寄付を奨励しています。持ち込まれたお金は、カウント委員会によって管理されています。寄付された金額の正確な金額を知っている教区民は誰もいません。財政当局に報告されます。

ペンテコステ派の間の水の洗礼は形式的であり、「聖霊のバプテスマ」の儀式はカルトと教えの基礎です。祈りは挙手で言われ、倦怠感、けいれん、けいれんを引き起こします。

違い

ペンテコステ派は宗派と見なされます(元教区民の啓示)

祈りはひざまずいて行われます。みんなの目を閉じて、奇妙な制御されていない動きが観察されます。繰り返しの音は、非現実的で限界のある印象を与えます。祈りは長い間読まれます。

ミーティング中にもたらされた暖かさは、魂の重さを取り除きます。新参者会議のリーダーは、忍耐力と忍耐力で賞賛されています。自分が強くて力強い人だと想像して、愛する人たちの間で罪深さを探し始めます。

占いの賜物が始まったようで、発言は非難に要約されます。友達はだんだん離れていき、コミュニケーションの世界は縮小していきます。ここでは、許容できる制限を設けるために、自分を失うことがないようにすることが重要です。

合同会議では、笑い声や体の落下がよく聞かれます。グループダンスはリラックスするのに役立ちます。歌や振り付けを含むプログラムは、エンターテインメントショーに似ている場合があります。彼らはただ考えたくない人々を誘惑します。

ペンテコステ派は宗派と見なされます

現代では、オープンで正直で公正な能力を持った志を同じくする人々を見つけることは困難です。人間の性格のそのような特徴は、緊密で長期的なコミュニケーションに現れます。混沌と腐敗の時代にあなたの召しを見つける方法は?おそらく、そのアイデアに恋をしている才能のある人々に気付く必要があります。

神は私たちに自由を与えてくださいました、そして聖書の解釈はすべての信者にとって異なります。ペンテコステ派は宗派であるとしばしば主張されます。か否か?違いは拒絶を意味するものではありません。誰もが欠けているものを選択します。新しいことを理解することで、あなたはおそらく現実と空想を特定することができるでしょう。したがって、惑星地球の賢明で機知に富んだ住民にとって、魔法の力と普通の宗派の影響は恐れていません。

また読む:

古儀式派:正教会との違い。歴史、特徴、興味深い事実

プロテスタントとは:起源の歴史、基本原則、現在の状況

バプテストとペンテコステ派は、キリスト教の2つの部門と見なされています。彼らはまた、カトリック教徒、正教会、その他のキリスト教徒のように、神とその息子イエス・キリストを信じています。これらの運動は両方とも来世の同様の見解を共有しています。彼らのメンバーは週の最初の日に教会の礼拝に来て神に祈ります。しかし、これら2つのブランチの間にもいくつかの違いがあります。この記事では、これらのキリスト教の宗派間の類似点と相違点を示します。

バプテスト

バプテスト運動は1633年にイギ​​リスで最初に登場しました。すぐに、彼の信者は北アメリカに移りました。バプテストは、さまざまなキリスト教宗派の代表者を集めました。彼らは、バプテスマの儀式は信仰を公言する大人に対してのみ行われるべきであるという全会一致の意見を持っています。彼らのこの儀式は、credopaptismとして知られています。

両親の少なくとも1人がクリスチャンである場合、それはカトリック教徒と正教会のクリスチャンの間で一般的な幼児洗礼とは対照的です。ほとんどのバプテストは、さまざまなクリスチャンの支部、特にプロテスタントの支部に属しています。彼らは、真のバプテスマは完全に水に浸ることで行われるべきだと信じています。これは、バプテストを行うために頭だけを注いだり水をかけたりすることができる他の学派とは異なります。

バプテストは、救い主イエス・キリストの死、埋葬、復活の一部となるためには、バプテスマの最中に人を完全に水に浸す必要があると信じています。キリスト教におけるそのような運動の創設者は、英国のジョン・スミスの牧師でした。彼は改革派の見解によって際立っていた。

バプテスト派は正教会に対して非常に敵対的であり、幼児洗礼を否定しています。彼らの意見では、生まれたばかりのクリスチャンはすでにキリストの血によって洗われ、清められています。したがって、彼らは小さな子供たちにバプテスマを授ける必要はないと信じています-彼らは神が出生時に彼らを許した罪を持っていません。バプテストは、初期のクリスチャンは大人だけにバプテスマを授けたという事実に言及しています。彼らの指導者たちは、どの教会も神とつながることができるとは考えていません。

ペンテコステ派

ペンテコステ派の運動はかなり若いです。それは前世紀の初めに現れました。キリスト教のペンテコステ派の支部は、ユダヤ教の祝日であるペンテコステに敬意を表してその名前が付けられました。この出来事は、イエス・キリストが天国に昇天した後、50日目に行われました。ペンテコステの祭典の間、信者たちはキリストの新たな復活を待ちます。彼らは祈りを読み、聖霊は祈っている人々に向かって地上に降りてきます。

人々はさまざまな未知の言語でさまざまな声を聞きます。これは祝賀会の集大成であり、グロソラリアと呼ばれています。崇拝者たちはエクスタシーに陥り、「他の言葉」で話し始めます。外から見ると、それは恐ろしく見え、大規模な精神病のように見えます。聖書によれば、超自然主義はペンテコステ派によって重要な出来事として強調されています。彼らはまた、祈るとき、予言と癒しの賜物が与えられると信じています。ペンテコステ派の運動には、いわゆる独立教会が含まれます。

現在、米国にはかなりの数の独立したペンテコステ派の教会があります。彼らは、ある時点で、そのような教会を作るために神から召されたと感じた牧師によって設立されました。これらの牧師は普通の教区民と何ら変わりはありません。あごひげも、カソックやカソックなどの特別な髪型や衣服もありません。グループのすべてのメンバーはお互いを知っています。誰かが会議への参加をやめると、すぐに表示されます。

バプテスト

他の信者はすぐに不登校を訪問します。ペンテコステ派は、アルコール、薬物、喫煙、ギャンブルの使用を固く禁じられています。彼らは「敬虔」でなければなりません。また、この分派のメンバーは、いかなる状況においても武装してはなりません。ペンテコステ派は、すべてのプロテスタント宗派の大多数です。

では、バプテストとペンテコステ派の違いは何ですか?バプテスト派は聖霊とその賜物の役割を強調していません。対照的に、ペンテコステ派は聖霊とその賜物を強調しています。バプテスト派は、神へのアクセスは宗教指導者を通してであると信じています。そしてペンテコステ派は、彼ら自身が神と聖霊と直接接触することができると信じています。

ペンテコステ派運動の多くのメンバーは、聖霊が実際には強力な存在であると信じています。彼らが十分に懸命に祈れば、彼は彼らに侵入することができます。祈りを通して、彼らは霊的なエネルギーと霊的な賜物の新しい告発を受けます。

聖霊とペンテコステ派の間には、永遠に続く特別な霊的な糸があります。このつながりは、実際のバプテスマの瞬間に起こります。同様に、ペンテコステ派とは異なり、バプテスト派は一般に、霊的な賜物を、今日では異なって見える初期のキリスト教会の遺産と見なす傾向があります。

ペンテコステ派は、他の人が理解できない古代の言語を話すことができると確信しています。ペンテコステ派の人が精神的な興奮を持っているとき、彼はさまざまな理解できない音を出し、これまで知られていなかった祈りの言語で話すことができます。これはペンテコステの日に行われます。ペンテコステ派によると、祈りの間、この古代の神の方言で、聖霊は彼らに彼らが世界に伝えなければならない霊的なメッセージを伝えます。しかし、伝統的なキリスト教の教会は、そのようなペンテコステ派の信念を認識していません。この現象はキリスト教の神話の一部であるため、彼らは古代の言語で話すことはできないと信じています。

ペンテコステ派は、自分たちが神と直接関係があると固く信じています。彼らは、彼らを導き、神、至高の存在への道を示すことができるいかなる権威も考慮していません。ペンテコステ派とは異なり、バプテストは聖職者や他の宗教的権威を通じて神とコミュニケーションを取ります。これらの2つのブランチの間にはしばしば誤解があります。

ペンテコステ派は、彼らが信仰と経典を誤解しているとバプテストに主張します。同時に、バプテストは、道徳を啓発することを伴って、ペンテコステ派を「正しい道」に設定しようとしています。彼らは常に彼らの判断が間違っていると彼らに指摘します。

新しいコンテンツをお見逃しなく。 Yandex.Zenで購読してください。

申し込む

ペンテコステ派のリバイバルは、文字通り、キリスト教の歴史の中で最も強く、最も野心的なリバイバルと呼ぶことができます。今日、すべてのプロテスタントの10億人のうち、6億人以上がペンテコステ派のカリスマ的方向の教会に属しています。

私はここ数年、ペンテコステ派の歴史を綿密に研究してきましたので、本日は、ごく少数の人が本当に知っている9つの興味深い事実を簡潔に紹介したいと思います。

1)。 ペンテコステ運動の歴史は、チャールズ・パーハム牧師の働きから始まりました。 1900年、パーハムは教会に対する人々の無関心を観察し、激しく神を求め始めました。彼は言った:「教会が社会の現代の挑戦への答えになりたいのなら、私たちは霊の新たな注ぎ出しが必要です!」

チャールズは神をもっと求めるために、カンザス州トピーカにベテル聖書学校を設立し、40人の学生を登録しました。 1901年の大晦日の夜の祈りの間に、生徒たちがなじみのない言語で話したり書いたりするほどの力で聖霊が降りてきたのはこの学校でした!

この出来事の後、チャールズ・パーハムはテキサスのヒューストン市に移り、新しい聖書学校を組織しました。そこで教えられた主なトピックは、他の異言のしるしによる聖霊のバプテスマでした。この学校の生徒の一人はウィリアム・シーモアでした。ウィリアム・シーモアは後にアズサ・ストリート・リバイバルのカタリストになりました。

その前に、教会の歴史の中で、人々が他の言語で話すという事例がすでに知られていることに注目するのは興味深いことです。たとえば、モラヴィア兄弟、クエーカー教徒、さらにはアイルランドの聖パトリックです。しかし、チャールズ・パーハムのメリットは、他の言語で話すことが聖霊のバプテスマの証または証拠であるという教義を最初に確立したという事実に正確にあります。

2)。 ペンテコステ運動を始めた最初の人が女性であったことを知っている人はほとんどいません。 1901年の大晦日、チャールズ・パーハムとその生徒たちが聖霊の新たな注ぎ出しを祈ったとき、アグネス・オズマンという少女が立ち上がり、次のように述べました。異言で話します。按手で祈れば、今何かが起こると思います。」

彼女は前に出て、生徒全員が彼女を祈りで囲みました。ほんの数分で、アグネーゼ・オズマンは言葉では言い表せないほどのスピリットの存在を体験し、すべての生徒たちの大きな驚きに、中国語を話し始めました!神様の臨在が強すぎて顔が輝き始め、頭上に光輪のような輝きが現れました。

アグネーゼが書き込もうとすると、ペンから漢字が出てきました...目撃者によると、オズマンは3日目だけ英語で話しました...彼女は現代世界で初めて聖霊のバプテスマを受けました。他の言語で話すサイン!

3)。 1906年2月、チャールズ・パーハムの浅黒い肌の学生、ウィリアム・シーモアがヒューストンからロサンゼルスにやって来ました。彼の滞在の数ヶ月後、あずさストリートリバイバルとして知られている偉大なリバイバルがロサンゼルスで始まります。

あずさ通りのサービスは珍しいものでした。ベテスダのように、人々が集まって神の臨在が下がるのを待つたびに。彼らは歌を歌い、祈り、そして突然神が来られ、その結果、ミニストリー全体が動き始めました。人々は一斉に倒れ始め、大声で叫び、激しく震え、逆に、しびれ、発声できなくなった人々もいました。語。会場は雲で埋め尽くされていたため、お互いが見えないこともありました。礼拝では、天使たちが賛美の歌を歌っているのがよく見られました。建物の上に火柱が現れ、地元住民が何度も消防隊を呼んだ。建物に向かう途中の数ブロックは、空気が濃くて歩きづらくなって立ち止まることが多かった…。

しかし、この目覚めの最も重要な現象は、人々が他の言語で話す兆候を持って聖霊のバプテスマを受けたということでした。

四)。 復活後、梓通りには古い宗派に合わなくなった教会がたくさん出現しました。

そのため、1914年4月、20の異なる州から約300人の牧師が総大会に集まり、今日では神の集会として知られる新しい交わりを設立することが決定されました。

議会のメリットは、あずさ通りの復活の結果として生じたペンテコステ派の教会を事実上すべて団結させ、基本的な教義を確立し、異端に抵抗することができたという事実にあります。 (アズサストリートリバイバル中に浮かび上がった最大の誤解の1つは、神の三位一体の基本的な教義を拒否するワンネスカレントです。)

今日、アッセンブリーズオブゴッドは世界最大のペンテコステ派であり、212か国に6,800万人の会員がいます。

五)。 ペンテコステ派の教えは非常に興味深い方法でヨーロッパにやって来ました。 1906年、メソジスト牧師のトーマス・バラットがノルウェーからアメリカにやって来て、彼の小さな教会にある孤児院のために資金を集めました。

ニューヨークにいる間、トーマスは梓通りの目覚めについて聞いたが、お金の不足のためにロサンゼルスに旅行することができなかった。

それで、トーマスはホテルに閉じこもり、数日間神に叫び、神に御霊を注ぐように頼みました。ある晩、祈りの最中に、聖霊はトーマスに、彼が知らない言語で話すほどの力で降りてきました。

この出来事の後、トーマス・バラットはすぐに家に帰って霊的なバプテスマの教義を説教することを決心しました。

群衆が神に来て、聖霊のバプテスマを受け始めました。ノルウェーでのリバイバルについて聞いた後、スウェーデンのバプテスト牧師であるルイス・ペスラスがそこで何が起こっているのかを見に来ました。聖霊のバプテスマを体験した後、ルイスはスウェーデンに戻り、後に偉大なリバイバルのきっかけとなりました。ストックホルムにある彼のフィラデルフィア教会は5,000に成長し、ヨーロッパで最大の教会になりました。そこから、ペンテコステ派の火は他の国に広がり始めました。

6)。 ペンテコステ派の火事は、ノルウェーのトーマス・バラット省を通じてロシア帝国にもたらされました。バラットは最初にロシア帝国の一部であったヘルシンキに来始め、次にサンクトペテルブルクに来て、福音派のクリスチャンの間で聖霊のバプテスマの教義を説教しました。

短期間で、数十の教会がペンテコステ派を受け入れました

教義、そして聖霊によるバプテスマの教えはロシア帝国全体に広がり始めました。しかし、残念ながら、数年後、この運動は失敗しました。

それはすべて、アンドレイ・ウルシャンというイラン出身の説教者がサンクトペテルブルクにやってきたときに始まりました。その前に、彼はすでに梓通りを訪れ、聖霊のバプテスマを受けていましたが、神の三位一体の教義は彼の頭に収まりませんでした。

ウルシャンはロシアのすべてのペンテコステ派の教会に旅行し始め、神の三位一体を拒否して、一体性の神学を説きました。ですから、残念ながら、ロシアでトーマス・バラットによって設立されたほとんどすべての教会は、この誤った教えを受け入れ、真理から逸脱しました。その後、彼らは「使徒の精神の教会」という名前をとった宗教団体に団結しました。

グッドニュースミッションと呼ばれるこの運動は、サンクトペテルブルクを中心に、現在でもロシアに存在していることは注目に値します。

7)。 ペンテコステ派運動の真の突破口は、1921年にアメリカからニキータ・チェルカソフが到着したことでソビエト連邦にもたらされました。これは、仮名IvanVoronaevでよく知られています。オデッサに最初の教会を開いた後、ボロナエフはペンテコステ派の教えをウクライナ東部全体に広め始め、新しい教会を植えました。 1930年までに、オデッサ教会にはすでに1000人の会員がおり、400のペンテコステ派教会が組合全体に登録され、約25,000人が参加しました。

イワン・ボロナエフの長所は、神学教育を受けて、キリスト教の基本的な教義を守り、三位一体の神の教義を勇気を持って擁護したという事実にもありました。ボロナエフがオデッサを訪問していなかったら、ソ連のペンテコステ派はアンドレイ・ウルシャンの教えをすり抜けて、別の宗派のままだったと思います。

8)。 ボロナエフと彼の仲間がソ連で働いていた間、ポーランドでは、当時、西ウクライナ、ベラルーシ、ビリニュス市を含むリトアニアの領土が含まれていましたが、ペンテコステ派の大覚醒が並行して始まりました。

最も有名なペンテコステ派の説教者は、グスタフシュミット、アーサーバーグゴルツ、イワンズブゾロタレフ、ルカシュストリヤルチュク、スタニスラフネドヴェツキー、その他数百人でした。

ウクライナ西部でのペンテコステ派の復活は、ウクライナ東部よりもはるかに強く、大きかったことに注目するのは興味深いことです。今日、ウクライナの地図を見ると、キリスト教徒が最も集中しているのは、当時ポーランドの一部であった西部地域です。

9)。 ペンテコステ派はソ連で最も迫害された教会でした。共産主義者の到着により、ECBのペンテコステ派連合は清算され、すべての教会はバプテストECB連合に参加するように「招待」されました。イワン・ボロナエフを含むペンテコステ派の指導者のほとんどは強制収容所に追放され、その後多くが射殺された。あるバージョンによると、イワン・ボロナエフは任期を務めてから8年目に犬に餌を与えられました。

祈りの家のほとんどは没収され、破壊されました。私の街では、ペンテコステ派の祈りの家から学校が作られました。

しかし、すべての迫害にもかかわらず、ペンテコステ派の教会は生き残り、団結し、自由の到来とともに、新たな活力で繁栄することができました。

友達、私のブログがあなたに役立ち、あなたがそれらを読むことに興味があるなら、👍と💙を入れてください。

ペンテキュラー、 ペンテコステ派の信者-最初に生じたプロテスタントの教え。 20世紀運動の1つに基づいて米国で メソジスト .

物語

Pという名前はキリスト教の祝日から来ています 50 前立腺 (三位一体)。

ペンテコステ派は、実践したホーリネス運動メソジストグループから生まれました グロソラリア (「異言で話す」、祈りの間にはっきりしない音を発する)そして「聖霊と火のバプテスマ」。 1906年にロサンゼルスで、これらのコミュニティの1つに基づいて、いわゆる。アズサストリートリバイバル(アズサストリートリバイバル)-大衆グロソラリアとキリスト教の教会への「聖霊の贈り物」の返還の説教。これは後にペンテコステ派の「最初の波」と呼ばれました。運動は急速に世界中に広がりました。 1914年に、Pの最初の組織であるアッセンブリーズオブゴッドが設立されました。 1916年、教義上の違いの結果として、いわゆる。ワンネス(ユニテリアン)、またはイエスのみの運動。その後、最初の組合に所属していたP.は、感情(叫び、堕落、泣き、笑いなど)とsovrの暴力的な兆候を放棄しました。崇拝の音楽。それらは「古典的な」ペンテコステ派と呼ばれています。

ペンテコステ派の「第二の波」、または カリスマ運動 、後半に発生しました。 1950年代それには、キリスト教の教会と宗派(カトリックと正教会を含む)の代表者が含まれ、ペンテコステでグロソラリアと聖霊のバプテスマを実践しました。解釈。正式には、カリスマはペンテコステに含まれていません。宗派ですが、特別なグループの立場で彼らの告白にとどまります。

1970年代に出現した「第三の波」-彼らの自白から出現したカリスマ運動、そして新しい宗派を生み出した多くの地域社会(主にアフリカ、アジア、ラテンアメリカ)-いわゆる。ネオカリズム。新カリズムは初期のPに似ていますが、感情的な体験、癒し、奇跡に重点を置いています。アフロクリスチャンP.はアフロの混合物です。 (異教徒。)そしてキリスト教の伝統。

ペンテコステ派の中間の位置。 「波」はいわゆるを占めます。 1927年に設立された完全な福音教会。彼らは彼ら自身を古典として分類することができます。 P.、およびネオカリズム。

世界のP.番号-約。 2億7900万人(2011)、とりわけ-中国(5400万)、インド(3300万)、ブラジル(3500万)、米国とフィリピン(それぞれ2000万)、ナイジェリア(約19.1百万)、インドネシア(約950万) 、大韓民国(約750万人)、ケニア(約620万人)、チリ(約230万人)。

ロシアのペンテコステ派

ロシアのペンテコステ派 (自己名-福音派の信仰のクリスチャン)。 「異言で話し始めた」信者のグループは1907年に現れました。1911年に、P.U。のユニテリアン教会がヘルシンキ(現在のヘルシンキ)に設立されました。 1913年にP.ユニテリアンのコミュニティがサンクトペテルブルクに現れました。パリッシュコミュニティは、バプテストと福音派に基づいて生まれました。教会と彼ら自身をロシアの後継者と見なしました。プロテスタントの伝統。

1926年にペンテコステ派の主導で。リーダーI.E.Voronaev(1885-1936年以降)最初のペトログラード連合がロシアの領土に結成されました。ヴォロナエビ人は自分たちを「福音信仰のクリスチャン」(XEB)または「洗う」と呼びました。彼らは、焼くたびに足を洗う必要があると信じていたからです(キリストが以前に弟子たちにしたように) 最後の晩餐 )。 1928年、SovによるP.の迫害。パワー。 1945年に、ポーランドの教会の司教と福音派キリスト教徒-バプテストの全連合評議会の指導者との間で、P。のこの組織への参入に関する合意が締結されました。しかし、すでに1948年に、神聖な奉仕でのグロソラリアの実践に関するバプテストの指導者の禁止に関連して、P。の漸進的な流出がそこから始まりました。 1956年に、未登録の小教区の組合がウクライナで設立されました。これには、法律で禁止されている福音宣教(説教)の目標として宣言されたロシアの小教区も含まれていました。最終的には。 1980年代宣教活動は合法化され、そのおかげでP教会への信者の流入が増加しました。 1990年代。 P.教会はいくつかに団結しました。組合と協会。

初めに。 1990年代イデオロギー的に起こった。ロシア語P.の3つの条件付きグループへの境界。 「トラディショナル」P.は、アメールの「最初の波」からの超保守派によって導かれています。ペンテコステ派は、崇拝の「近代化」に対して否定的な態度を示し、「精神的な贈り物」に対する他のグループの過度の熱意を非難し、国家との関係を拒否します。 「穏健」P.は、アメールの「最初の波」のより穏健な翼によって導かれます。ペンテコステ派:礼拝での暴力的な感情的兆候を受け入れることなく、一般的に彼らは礼拝の「近代化」に忠実です。 「新しい」P.はAmerの「第3の波」によって導かれます。ペンテコステ派:礼拝における大衆文化の使用を提唱し、それを現代的で若者にとって魅力的なものにし、「聖霊の贈り物」の積極的な使用を促進します。初めに。 21c。ロシアに住んでいた全方向に90万P。

信念と典礼の実践

ペンテコステ派の宗教集会。写真。始まり21c。

P.には単一の教義上の基準がなく、異なるグループの信念は大きく異なる可能性があります。ほとんどのP.は聖の教義を認識しています。 三位一体 、しかし、P。の全体の方向性はユニテリアン主義を公言します。すべてのPが認識されます:1)除外します。聖霊の意味、教会と宗派によって彼から受けた奇跡と啓示。信者; 2)「新たに生まれる」という教義-新しく回心したクリスチャンの心を変え、神の王国へのアクセスを与える神の特別な行動。 「新生」は、悔い改め(このペンテコステ派の神学ではバプテスマと一致します)と聖霊のバプテスマの結果として起こります。 3)「霊の賜物」の教義(1コリント12)-他のクリスチャンよりも大きな信仰、癒しの賜物、奇跡、知恵の言葉、知識の言葉、霊の識別(何が真実で何が間違っているかを判断する能力)、予言、異言(グロソラリア)で話す、異言を解釈する(グロソラルの祈りを翻訳するのではなく、その気分を伝える)、そして「ミニストリーの贈り物」。メイン使徒、預言者、伝道者、牧師(霊的指導者)、教師(聖書の解釈者)の5つの「ミニストリーの賜物」があります。 4)癒しについて教える:キリストは霊的な救いだけでなく、肉体からの救いももたらしました。苦しみ。 decompで。ペンテコステ派。宗派、この教えの側面についてはさまざまな意見があります:誰もがどれだけの癒しが必要か、誰もが癒すことができるかどうか、教授はどのようにすべきか。薬など。 5)千年紀のキリストの王国の教義。これは(過半数によると)彼の再臨の後または前になり、終末論の教義も同様です。ヘブの役割。人々とイスラエル:時間の終わりに、「肉に従って」神の人々と「霊に従って」神の人々は一つに統合されます。ユダヤ人が歴史的な時代に戻ったことは、最後の時代のしるしと考えられています。祖国(P.が貢献しようとしている)とイスラエル国の創設。原則として、P。はメシアニックジュダイズと密接に交流しています。

「第三の波」からP.はいわゆる目立ちます。その創設者が魔法について教える信仰運動。信者によって話された言葉の意味、そして結果として、「ポジティブな言葉」だけを発音する必要性。信仰運動では、信者の強制的な癒しと経済的繁栄に特に重点が置かれています。

ほとんどのプロテスタントのように、P。から教会へ 秘跡 (そして正教会やカトリックの理解とは異なり)バプテスマと聖体(パンを割る)だけが含まれます。バプテスマは、ほとんどの地域社会で意識のある年齢(通常は12〜18歳)の人々に完全に水に浸すことによって行われます。水のバプテスマの後(時にはそれの前)は、いわゆるに続きます。聖霊によるバプテスマ-バプテスマを受けた人に聖霊を送るための祈りを込めて牧師(または普通の信者)の手を置くこと。その間、信者は最初に「異言で話し始める」。他のペンテコステ派とは異なり、完全福音教会では。指示によれば、グロソラリアは聖霊のバプテスマの義務的なしるしではなく、霊的な賜物の1つにすぎないと考えられています。したがって、すべての信者が「異言で話す」必要はありません。神とのコミュニケーションの神聖な言語であり、超自然的な力の賜物のしるしであると考えられているグロソラリアは、Chです。区別します。崇拝の特徴。礼拝は通常、聖歌がより精力的に歌われる「礼拝」と、より穏やかな音楽を伴う「礼拝」の2つの部分に分けられます。多くの教区のコミュニティ(主にカリスマ的)では、鮮やかな感情的な現れが神の奉仕で実践されています。 decompで。コミュニティでは、礼拝での牧師の態度に応じて、異なるミューズのセットが使用されます。楽器や様々なミューズ。スタイル(「クリスチャンメタル」または「クリスチャンラップ」まで)。パン(聖体拝領)の破壊は月に一度行われます。一部の地域では、パンを割る前に足洗いが行われています。

独立した組合のコミュニティとP.の協会は大きな自治権を持っています。会衆は教会評議会と共に牧師によって運営されています。クラシックP.牧師は男性にしかなれません。カリスマと新カリスマは、原則として、女性の神権を認めています。

ペンテコステ派は誰ですか、彼らは何を説教し、危険は何ですか?

ペンテコステ派は誰ですか、そして彼らはどのように危険ですか?

「その他」

愛好家への質問:ペンテコステ派は誰ですか?彼らは何を説教していますか?それは宗派ですか?

よろしく、タチアナ

ベストアンサー

これはクリスチャン教会ですが、私はバプテストが好きです。

遠い方向。 erisiに基づいてキリスト教の理解を説きます。五十日目に聖霊の降臨がありました。

背教者の証書を読む

ペンテコステ派は、教義においてバプテストに最も近い宗派ですが、異言の賜物のしるしを伴う聖霊のバプテスマの教義が異なります。

私の友人の何人かはバプテストとペンテコステ派を含みます。ですから、ペンテコステ派は私には純粋なキリスト教にはるかに近いように思えます。そして、このStenyaevに耳を傾けないでください。とにかくそのようなスマートな外観で言います。私は彼の講義と説教にいました。正統派イエズス会。

私は通常、ドヴォルキンについて黙っています。

バプテストと同じですが、ペンテコステ派が他の言語で祈りを実践する点が異なります。

これは宗派です。福音派やバプテストよりも悪い。それらは少なくとも怒りませんし、異なる声で叫ぶこともありません。

福音派の信仰のクリスチャン(XVE)-ペンテコステ派は、謙虚なバプテストから積極的にカリスマ的なものまで、その真っ只中に多くの流れを持っています。すべてのペンテコステ派(およびバプテスト派)が福音を説教します。それが彼らが呼ばれる理由です:福音派のクリスチャン。

正教会に関連して、これはプロテスタントに関連して、兄弟である宗派です。

ペンテコステ派は、本質的に神の言葉を受け入れたクリスチャンを信じており、私たちの罪のために十字架につけられたキリストと私たちの義のために復活したキリストを説教しています。彼らは、最初の数世紀のように、他の異言のしるしと聖霊の賜物とともに、聖霊のバプテスマを受けます。私の世界に来てください。ペンテコステ派です。

ペンテコステ派は福音派の信仰のクリスチャンです。これは州によって公式に登録された教会であり、観察、分析、比較することができるすべての賢い人々によってよく扱われています。私たちの街では、ある母親(麻薬中毒の息子が多くの苦しみをもたらした)が隣人である正教会の司祭に、どこで走り、どこで助けを求めるべきかを尋ねたのが好きでした。

そして彼は真剣に-ペンテコステ派に行きなさい-強い祈りがあり、アルコール依存症や麻薬中毒者のためのリハビリセンターがあると言った。私たちはキリストを説教します-聖母マリアの肉で出産し、私たちの罪のために十字架につけられ、再び立ち上がった神の子です。私たちも新しい人生のために育てられるためです。私たちの教会は昔ながらの方法で宗派と呼ばれています(無神論社会の遺産)。それからたくさんの汚れと誹謗中傷が信者に降り注いでいます。

私たちは罪を悔い改め、主イエス・キリストを救い主として告白し、信仰によって聖水のバプテスマを受け入れ、神から聖霊の賜物を受け取ります。この贈り物は神の力です。イエスは弟子たちにこう言われました。「しかし、聖霊があなたに臨むとき、あなたは力を受けるでしょう!。 »私は無神論者に警告したい-冒涜しないでください:聖霊に対する冒涜を除いて、どんな罪も人に許されます。

私たちの教会はイエス・キリストの大宣教命令を果たします。私たちはすべての人に福音を宣べ伝え、すべての人が救われる機会を得られるようにします。それで、白い玉座の裁判で誰も言わなかった:私はこれについて聞いたことがない!

誰でもペンテコステ派の教会に来て、そこで言われていることすべてが神の言葉と完全に一致していることを確認する機会があると確信しています。これが私たちの生き方です。そして、私たちは私たちに対する根拠のない告発を受け入れません。また、ご不明な点がございましたら、誠にお答えいたします。

彼らの会議に行き、見てください

「彼らが健全な教義を受け入れない時が来るでしょう、しかし彼ら自身の気まぐれに従って彼らは耳を平らにする教師を彼ら自身のために選ぶでしょう。そして彼らは彼らの耳を真実から遠ざけて寓話に向けるでしょう。」

宗教。キリストを説教しなさい。宗派は侮辱であり、他には何もありません。彼らはイエス・キリストの兄弟愛の一部ではないので、キリスト教は宗派になることはできません。イエスは、耳を平らにする人々が現れると警告されました。これが彼らのための1つのオプションです。楽園の地球での生活が約束された人もいれば、聖人と宣言された人もいます。異言で話すことを学ぶ。

大いなるバビロンの一部。

彼らはクリスチャンです!彼らと呼ばれるだけでなく、クリスチャンのように生きる人!

ペンテコステ派は、ペンテコステの日に聖霊の到来を信じる人々です。

回答

このビデオはあなたが理解するのに役立ちます

専門家からの回答

すごく危ない。

彼らはすべてとすべての人を許します。軍隊で奉仕したくないのです。

孤児を助けます。

ソース: https://dom-voprosov.ru/prochee/kto-takie-pyatidesyatniki-chto-oni-propoveduyut-i-chem-opasny

ペンテコステ派:彼らは誰なのか、なぜ彼らは危険なのか

ペンテコステ派は一種の宗教運動であり、神秘的な宗教的慣習と完全に現実的で実用的な生活へのアプローチを組み合わせた宗派です。おそらくそれが彼らが最も物議を醸し、スキャンダラスな宗教的同胞団としてランク付けされている理由です。

ペンテコステ派とは何ですか?

ペンテコステ派は、キリスト教から分離した宗教団体として、20世紀の夜明けにアメリカ合衆国で出現しました。なぜそこに?ペンテコステ派のアイデアは新しいものではありませんでした。

キリスト教会は、キリストの誕生から2世紀の50-60年代に、その存在の夜明けに同様の現象に直面しました。モンタン-起源はギリシャ語で、モンタノス派の宗派を作り、聖霊の崇拝と予言の賜物の獲得について彼自身の教えを作りました。

祈りの間、人々はトランス状態に陥りました、 彼らは意識を失い、「理解できない言語」の言葉をつぶやいた。

325年の最初の公会議は、モンタナとその仲間が「所有」していると宣言し、彼を非難しました。 17世紀から19世紀にかけて、ヨーロッパは独自の精神的なキリスト教教会、特定の宗教的伝統を発展させました。

宗派主義は抑制されました。そして、彼らの国から追放された「新たな」宗教指導者たちは、アメリカ合衆国に根付いた。

18世紀と19世紀には、多くの宗教宗派がこの国で活動していました。彼らはお互いに戦った。その結果、社会におけるキリスト教の権威と道徳は急激に低下しました。真の使徒教会のリバイバル運動が生まれたのはこの背景に反していました-リバイバル運動(Eng。

リバイバル-再生、目覚め)。ペンテコステ派は、イースターの50日後に起こった使徒たちへの聖霊の降臨が彼らの教えの基礎であると信じています。ロシア正教会では、これは聖三位一体の日です。霊は異言の形で降りてきました。 使徒たちは預言の賜物を受け取り、さまざまな言語で話すことができました。

正教会とペンテコスタル教会(セクション)のいくつかの共通の特徴を考えてみましょう:まず第一に、それは地球上にすべてを創造した唯一の神への信仰、人間の罪の贖いとしてのイエス・キリストの十字架刑、聖書の受け入れです神の言葉の基礎として、教会の聖餐の成就-バプテスマ、悔い改め、聖餐(それらの行動自体は正教会とは異なりますが)、神の裁きへの信仰、キリストの再臨、永遠の人生で。

ペンテコステ派の兆候

彼らの教えの主な教義は、「天使の舌」で話す「グロッサリア」を伴う聖霊のバプテスマです。ペンテコステ派は、正教会とカトリック教会の両方に反対しています。正統派とペンテコステ派の違いは本質的で根本的なものです。

  • ペンテコステ派は、「自分を偶像にしないでください」という戒めに従って、アイコンを崇拝しません。この戒めの真の意味は、「地上の」物質を崇拝することはできないということです。そもそも、精神的および道徳的な法則でなければなりません。
  • 彼らは普通の言葉で祈り(聖人に訴える)を言いません。礼拝の間、会衆は疑似言語、いわゆる「グロッサリア」(ギリシャ語のグロッサ-「スピーチ」、ラリア-「アイドルトーク」、「チャッター」)で祈っています。この「耳で」のつぶやきは、実際の生きている言語に似ています。新約聖書の聖書の中で、使徒2章は使徒たちが異言の賜物をどのように受け取ったかを語っています。彼らは、神の言葉を母国語で理解できる人々に伝えるためにこの贈り物を受け取りました。したがって、ペンテコステ派の用語集は使徒の賜物とは何の関係もありません。さらに、いくつかの研究によると、グロッサリアは神経心理学的変化、またはより単純に「トランス」であり、ペンテコステ派の崇拝者が含まれています。この人々の状態がどのように使われるかは、教会の熟練者だけに知られています。使徒たちの異言の賜物は、ペンテコステ派の「天使のような」言葉とは何の関係もありません。
  • ペンテコステ派は、彼らが望むものは何でも神の成就であると彼らの群れを説得します。これが「奇跡の労働者」と「治療者」の出現につながることは明らかです。
  • 以前の立場から、奇跡は人間のプライドを育む人生への日常の追加であるということになります。人は自分の行動を実際に評価することをやめ、自分の悪行から結論を導き出すなどします。
  • 繁栄理論-つまり、富の獲得。宗派の指導者たちは、崇拝者に寄付をするよう積極的に奨励しています。持ち込まれたお金や財産は、カウント委員会によって管理されています。同時に、教区民はお金がどこに行ったかについての財務報告を与えられません。多くのコミュニティが孤児院の支援に関与していますが、 あらゆる種類のチャリティーイベントで。

私たちの記事は、この宗教またはその宗教を「扇動する」ことを意図したものではありません。現在、ロシアのペンテコステ派は、さまざまな宗派や宗教運動の中で2番目にランクされています。つまり、この教会のアイデアは人々の間で非常に人気があります。私たちは、この宗派の発展の歴史とその主な特徴について簡単に説明しようとしました。選択は常にあなた次第です。

ソース: https://microzajmi.ru/pyatidesyatniki-kto-oni-chem-opasny/

ペンテコステ派-彼らは誰ですか?ペンテコステ派

ペンテコステ派は誰ですか、そして彼らはどのように危険ですか?

ペンテコステ派がいつ登場したかは定かではありません。彼らは誰なの?この奇妙な名前はどこから来たのですか?多くの人がこれらの質問をします。これらの普通のキリスト教徒または宗派主義者は、その教えが私たちによく知られている正統派の教義とは異なりますか?それを理解してみましょう。

ペンテコステ派は誰ですか?

福音派の信仰のクリスチャン-それはペンテコステ派がロシアで呼ばれたものです。正確に定義すると、これは20世紀にアメリカで生まれたキリスト教の宗派であると言えます。彼らの信条では、ペンテコステ派は福音から取られた神話から進んでいます。イースターの50日後の「使徒たちへの霊の上からの降下」について語っています。ペンテコステ派は説教で彼について話します。

この宗教運動の人々の信仰は、人間の罪深さと、聖霊の地上への降下による彼の救いの仮説に基づいています。ミニストリーにとって何が重要ですか?個人的な信仰、教えへの献身、そしてすべての地上の品物の完全な放棄。多くの場合、現在の信奉者によって組織された集合的な祈りで、人々はエクスタシーに身を任せます。彼らは、この瞬間に聖霊が彼らの上に降りてくると同時に、「他の言葉で話す」機会を得たと主張しています。

この「不気味な」スピーチは、彼らが神とコミュニケーションすることを可能にします。

流れはどのように現れましたか?

ペンテコステ派それ自体は、北アメリカで20世紀初頭に始まりました。そのイデオロギーのルーツは、リビベリズムと呼ばれる18世紀の宗教的および哲学的傾向にあります。この奇妙な名前「ペンテコステ派」の由来について質問がありますか?彼らは誰ですか、彼ら自身をクリスチャンの教えの別の部門と考えるこれらの人々は誰ですか?上で述べたように、この宗教の信者は聖霊のバプテスマを特に重要視しています。

儀式の間、信者たちは、キリストの復活祭の50日後に起こった聖霊が彼らの上に降りてきたときに使徒たちがしたのと同じ感情を彼らの意見で経験します。福音書では、この瞬間はペンテコステの日と呼ばれています。したがって、この運動の名前。アメリカからペンテコステ派はヨーロッパとスカンジナビア諸国に広く広がりました。ロシアでは、1914年の第一次世界大戦の前夜に登場しました。 NEPの年の間に、流れは激化した。

この種の最も影響力のある組織は、神の集会と神の集会の連合です。

ロシアのペンテコステ派

上記のように、私たちの国では、前世紀の初めに流れが生じました。ロシアで最初のペンテコステ派は、ドイツのウィルヘルムエベルと見なされています。 1902年にアジアを訪れたとき、彼は途中でリガに立ち寄り、そこで宣教師会を設立しました。ロシアで最初のペンテコステ派組織は1907年に出現しました。

新しい教えの説教者はノルウェーの牧師T.バラットでした。新しい宗教運動はすぐに新しい信者を見つけました。バプテスト、アドベンチスト、クリスチャンが含まれ、ペンテコステ派は、人々を罪から救うという名目で地上に来た聖霊の恵みを受けたことを彼らの新しいメンバーに保証しました。コミュニティの最初のロシアの信者は、N.P。スモロディンとA.I.イワノフでした。

ロシアでは、ペンテコステ派が広まっている他の国々と同様に、新宗教の信奉者は基本的な教義の統一において異ならないことに注意する必要があります。したがって、たとえば、アドベンチストは聖なる安息日について話し、モロカン派はシオンの山に移動することで人生の意味を理解します-など。

ペンテコステ派の別々のグループに条件付きで分割されています:カラント、レオンチェフ、シュミット、ボロナエフなど。

海外のペンテコステ派

米国では、ペンテコステ派はチャールズフィニーの名前に関連付けられています。彼は21歳で彼を信じていました。その後、50年間、彼は米国、スコットランド、英国で新しい教義を説教しました。フィニーは、イエス・キリストの像がかつて彼の前に現れたと主張しました。チャールズに降り立った聖霊は、彼の全身と魂を突き刺しました。その後、フィニーは信じて説教を始め、この奇跡について人々に話しました。この宗教運動では、他の人が重要な役割を果たしました。

これはドワイト・ムーディーです。彼は19世紀の後半に住んで説教しました。彼は38歳で最初の伝道キャンペーンを行いました。この男の説教の後、人々はペンテコステ派の共同体を形成し、他の「天使のような」言語を話し、予言し、重病を癒し、そして他の「奇跡」を行いました。この運動の歴史について言えば、チャールズ・フォックス・パーハムにも言及する必要があります。彼は一種の聖書学校を作り、みんなに招待状を送ることに決めました。

カンザス州からの40人の学生が彼の手紙に答えた。 1901年1月1日、すべての信者とその教師は、学校で神に真剣に祈りました。霊的な力を受けたいと思っていた生徒のアンジェッサ・オズマンはチャールズに近づき、先生に彼女に手を置くように頼みました。その瞬間、説教者によると、奇跡が少女に降りかかった:彼女は母国語の英語を忘れて中国語を話し始めた。

1901年1月1日は、多くの宗教信者によって、コミュニティの設立日であると見なされています。

今日のペンテコステ派

私たちの時代では、信者の数の点でロシアのこの傾向は、すべての宗派の協会の中で2番目にあります。現在、そのような組織は3つあります。

  • 福音信仰のキリスト教徒の統一教会。
  • 福音信仰のキリスト教徒のロシア教会(ペンテコステ派)。
  • 福音信仰のクリスチャンのロシア連合。

1995年、S.V。Ryakhovskyの指導の下にあるコミュニティは、福音派信仰のキリスト教徒連合教会から分離しました。この男は後に福音派のキリスト教徒のロシア連合を創設しました。この種の他の組織があります。多くのペンテコステ派の会衆が社会的領域で非常に活発であることは注目に値します。それらのいくつかは孤児院への援助を提供し、医療基金を支援し、そしてユースキャンプを組織します。

基本的な教義

ペンテコステ派は何を信じていますか?彼らは誰なの?この宗教運動に関連して多くの質問があります。それを理解してみましょう。宗教の信奉者たちは、聖霊のバプテスマの命を与える力を信じています。それは、他の言語で話す能力によって人の中に現れます。

ペンテコステ派は、祈りを通して伝道中に特別な心の状態に達すると、宗派のメンバーは異なる言語で話すという特別な才能を持っていると信じています。さらに、そのような人は透視、知恵、そして奇跡のための才能を持っているかもしれません。

宗派の神学の重要な側面は、いわゆる「信心深さの教義」であり、喫煙、アルコール、ギャンブル、麻薬など、義にかなった生活を送るのを妨げる可能性のあるものを放棄するよう信者に促します。この運動のいくつかのグループは、「悪への無抵抗」の教義に固執して、武器を認識しません。

儀式

コミュニティの親密さと孤立にもかかわらず、ロシアではますます多くの人々がペンテコステ派の説教を聞くために宗派の集会に来る。宗教的な信者は、聖書の権威を認めています。しかし、彼らはキリスト教の偉大な謎を恣意的に歪め、より単純な儀式に変えました。神の聖体拝領の一種の儀式は、毎月第1日曜日に行われるパンを割る儀式です。

宗派のメンバーは、トレイからパンを取り、ボウルからワインを一口飲むように招待されています。祈りの終わりには、足を洗う儀式が行われ、男性と女性が別々の部屋を別々に通ります。ペンテコステ派には独自の「水の洗礼」があります。それはキリスト教の儀式によく似ています。しかし、赤ちゃんはバプテスマを受けず、単に祝福のために集会に連れて行かれます。結婚生活に入る人は、必ず宗派で結婚式をしなければなりません。

また、不信者との同盟は固く禁じられています。不服従のために、コミュニティのメンバーは破門に直面しています。病人の油注ぎによる叙階または油注ぎの儀式は、福音派の信仰のクリスチャンによって行われます。ペンテコステ派は、これが困っている人々がすぐに彼らの力を取り戻し、「病気」を取り除くのを助けると信じています。信者の休息日は日曜日です(安息日を除く)。原則として、この時、宗派のメンバーは祈りの集まりのために集まります。

すべての教会の祝日(主の奉献、クリスマス、エピファニー、受胎告知など)は、古いスタイルに従って祝われます。イースターは聖週間の金曜日にあたります。

グループ組織

宗派は、教会の長老が率いる、いわゆる友愛評議会によって率いられています。コミュニティは地区に統合されており、各地区は上級長老が率いています。ソビエトの支配下では、この立場は異なって呼ばれていました-司教。ペンテコステ派によるCISの全領域は、32の地域に分割されており、各地域は上級長老が率いています。

ペンテコステ運動の庶民

最近、この運動はますます批判されています。人々は、ペンテコステ派の教会とその教義は信者の欺瞞にすぎないと考えています。多くの人々はこの形成を宗派と呼んでいます。どうやら、これはそれがどのようであるかです。この運動のメンバーの会合がどのように開催されるかについては多くの目撃者がいます。

人々は、外から見ると、周りに何も気づかず、熱心な祈りだけで忙しい催眠術をかけられた群衆の怒りのように見えると書いています。同時に、信者たちはひざまずいて激しく叫び、汗をかきました。真剣な祈りによって達成される、異なる言語、またはいわゆるグロッサリアで話すことは、無秩序なつぶやきにすぎません。

儀式は、混雑した蒸し暑い部屋で夜に行われることがよくあります。そのような状況で、強い神経質な興奮の中で、人々が「神の啓示」のために取る幻覚を経験するかもしれないことは驚くべきことではありません。宗派のメンバーの中には精神障害のあるメンバーがたくさんいます。

この宗教の説教者の主な任務は、人が状況を適切に評価してそれに反応することができないときに、コミュニティの各新しいメンバーをそのような不均衡な状態にすることです。

「ペンテコステ派」という言葉についての基本的な質問に答えました。彼らが誰であるか、彼らが何を信じているか、彼らがどのような儀式を行うか-すべてがこの記事で説明されました。

ソース: https://www.syl.ru/article/146249/mod_pyatidesyatniki---kto-oni-pyatidesyatniki-vera

ペンテコステ派は誰ですか

2018年4月9日

3つの宗教と多くの運動。それぞれの新しいフォークは、既存のルールとの不一致です。理解できない状況を理解しようとする人は、外部からの助けと支援を求めます。見つける人もいれば、一人でいる人もいます。記事では、ペンテコステ派が誰であるかがわかります。宗派かどうか?なぜ彼らは最も物議を醸し、スキャンダラスだと考えられているのですか?

ペンテコステ派はどのようにして生まれたのですか?

流れの名前は、イースターの50日後に降る三位一体の饗宴に由来します。聖書は、使徒たちが世界中を歩き回って福音を宣べ伝えるために、聖霊が使徒たちの上に降りてきたと言っています。聖霊は彼らに贈り物を与えました:偉大な知恵、膨大な知識、癒しと予言の能力、異言の好み。

1901年、チャールズ・フォックスは使徒言行録を読んでいるときに、クリスチャンが特徴的な霊的状態を失っていると結論付けました。彼は聖書学校を開きました、そして、学生は奇妙な特徴に気づきました。聖霊のバプテスマは常に異言で話すことを伴い、時には病人を癒しました。

世界ペンテコステ派同胞団は私たちの時代にさかのぼります。これには59の教会組合が含まれています。最も重要な協会は、米国とラテンアメリカにあります。迫害の時期があり、ペンテコステ派はバプテストに加わらなければなりませんでした。しかし今では、独自のルールとグループを備えた別の宗派になっています。

ペンテコステ派はいくつかの教えに同意し、規則に特定の点を含めています。たとえば、モンタノス派。類似点は、礼拝の実践の否定にあります。礼拝の代わりに、集会が開かれ、禁欲的なライフスタイルが説教され、予言の賜物が発達します。

正教会とペンテコステ派の共通の特徴

  • 天国、地球、そして周りのすべてを創造した一人の神への信仰。
  • 人々の重大な罪の贖いとしての主イエス・キリストの犠牲の受け入れ。
  • 聖書は神の主な言葉です。
  • 休日の遵守:イースター、トリニティ、収穫祭。
  • 教会の秘跡の成就:バプテスマ、悔い改め、聖体拝領。
  • イエスの再臨、神の裁きと永遠のいのちへの信仰。

違い

ペンテコステ派は大きな違いがあるため、正教会に固執していません。主な矛盾の1つは、アイコンの崇拝です。神の戒めは、「自分を偶像にしないでください」と言っています。

ペンテコステ派は、彼らの意見では「私たちのために神に祈る」というフレーズは無意味であるため、祈り(聖人に訴える)を認識しません。これは見知らぬ人への訴えであり、神は私たちに起こるすべてのことを聞いて見ます。

ペンテコステ派は、すべての願いが常に満たされなければならないと確信しています。時々私たちの考えは矛盾していて、神は計画されたすべてを常に与えるとは限りません。これは理解できる現象です。その人は本当の目的を理解しておらず、間違った方法を思いついています。

ペンテコステ派は、奇跡は日常生活に追加されるものであると信じています。正統派は再利用可能な奇跡に反対しています。それはプライドと虚栄心を発達させます。罪を見つけて取り除くことによってのみ、人間の行動に変化があります。

ペンテコステ派は繁栄の理論を説きます。富の獲得は真のクリスチャン生活の必要な部分です。キリスト教は快適な喜びであることがわかりました。しかし、キリストとその使徒たちの試練についてはどうでしょうか。

ペンテコステ派は積極的に寄付を奨励しています。持ち込まれたお金は、カウント委員会によって管理されています。寄付された金額の正確な金額を知っている教区民は誰もいません。財政当局に報告されます。

ペンテコステ派の間の水の洗礼は形式的であり、「聖霊のバプテスマ」の儀式はカルトと教えの基礎です。祈りは挙手で言われ、倦怠感、けいれん、けいれんを引き起こします。

ペンテコステ派は宗派と見なされます(元教区民の啓示)

祈りはひざまずいて行われます。みんなの目を閉じて、奇妙な制御されていない動きが観察されます。繰り返しの音は、非現実的で限界のある印象を与えます。祈りは長い間読まれます。

ミーティング中にもたらされた暖かさは、魂の重さを取り除きます。新参者会議のリーダーは、忍耐力と忍耐力を称賛します。自分が強くて力強い人だと想像して、愛する人たちの間で罪深さを探し始めます。

占いの賜物が始まったようで、発言は非難に要約されます。友達はだんだん離れていき、コミュニケーションの世界は縮小していきます。ここでは、許容できる制限を設けるために、自分を失うことがないようにすることが重要です。

合同会議では、笑い声や体の落下がよく聞かれます。グループダンスはリラックスするのに役立ちます。歌や振り付けを含むプログラムは、エンターテインメントショーに似ている場合があります。彼らはただ考えたくない人々を誘惑します。

現代では、オープンで正直で公正な能力を持った志を同じくする人々を見つけることは困難です。人間の性格のそのような特徴は、緊密で長期的なコミュニケーションに現れます。混沌と腐敗の時代にあなたの召しを見つける方法は?あなたはおそらくそのアイデアに恋をしている才能のある人々に気付く必要があります。

神は私たちに自由を与えてくださいました、そして聖書の解釈はすべての信者にとって異なります。ペンテコステ派は宗派であるとしばしば主張されます。か否か?違いは拒絶を意味するものではありません。

誰もが欠けているものを選択します。新しいことを理解することで、あなたはおそらく現実と空想を特定することができるでしょう。

したがって、惑星地球の賢明で機知に富んだ住民にとって、魔法の力と普通の宗派の影響は恐れていません。

ソース: https://soveti-masterov.com/instruktsii/kto-takie-pyatidesyatniki.html

ペンテコステ派のキリスト教徒、宗派、または他の誰かですか? |正統派

他の宗教、信仰の基礎で掲示される

ペンテコステ派は、20世紀初頭に登場した「新宗教」運動のひとつであり、プロテスタント派の1つと見なされています。彼らは彼らの教えをペンテコステの新約聖書の出来事-使徒たちへの聖霊の降臨の日-に言及しています。

「ペンテコステの日が来たとき、彼らはすべて一緒に一致していました。そして突然、強風のように天からの音がして、家全体がいっぱいになりました。

そして、火の舌が彼らに、いわば、彼らのそれぞれに一つずつ現れて、休んだ。

そして、彼らは皆、聖霊に満たされ、聖霊が彼らに発話を与えたので、他の言葉で話し始めました。」 (使徒2:1-4)

ペンテコステ派の「祈祷会」

起源の歴史

1901年に、アメリカの福音主義者(「福音主義」-福音の文字通りの成就の考えによって団結した多くのプロテスタント宗派)チャールズフォックスは、彼の時代のクリスチャンが彼らの特別な精神状態を失ったという結論に達しました。使徒たちを区別したのと同じこと。彼はアメリカに学校を開き、そこで聖書の本「使徒言行録」が研究されました。

弟子たちに手を置くことによって、彼は聖霊のバプテスマの儀式を行いました。その後、彼の信者は、誰にも知られていない言語を含め、さまざまな言語で話し始めたと言われています。そして、贈り物を受け取り、病人を癒しさえしました。

有名なノルウェーのメソジスト(メソジストはプロテスタントの傾向の1つです)の説教者であるトーマス・バラットは、この現象に興味を持つようになりました。彼はこの教えをヨーロッパに広め始めました。

1911年に彼が宣教師の訪問でサンクトペテルブルクを訪れたロシアを含む。

1930年代、英国の宗教指導者スミスウィグルスワースは、彼が啓示を受けたと主張しました。それは、メソジスト派や他のキリスト教宗派の伝統的な教会で説教する必要性を指摘しました。ペンテコステ派とキリスト教教会のこの連合は、カリスマ運動の出現に弾みをつけました。

1970年代後半から、「繁栄理論」に基づいた新ペンテコステ派が出現した。それは、信仰の言葉の宗教運動を創設したアメリカのカリスマ的な説教者ケネス・ヘーギンによって策定されました。

彼の見解によれば、神の意志によれば、人は健康で成功し、繁栄しているべきです。同様に、病気と貧困は、罪の結果であり、人が戒めに違反したことの証拠であり、神の罰は彼を襲った。

すべてのいわゆる現代のネオペンテコスタル教会がこの急進的な見方を共有しているわけではないことは注目に値します。

教義の特徴 ペンテコステ派

ペンテコステ派の主な宗教的考えは、聖霊のバプテスマです。これは、さまざまな感情的な経験またはトランス状態を意味し、その瞬間に、彼らの意見では、聖霊が降りてきます)。

ペンテコステ派は、聖霊のバプテスマを、イエス・キリストの復活後50日目に使徒たちに起こった出来事と同一視しています。それから聖霊が彼らの上に降りてきて、彼らは異なる言語で説教し始めました。

この日はペンテコステと呼ばれるため、宗教運動の名前は「ペンテコステ派」です。

ペンテコステ派のプロテスタントは、聖霊のバプテスマの外面的な現れを受けると信じています。これは他の言語で話すことの贈り物です(話者と彼の周りの人には知られていない音を発音しているように見えます)。また、まれに、癒しの賜物と予言の賜物もあります。

ペンテコステ派の最も特徴的な特徴はグロソラリアです。ギリシャ語から翻訳されたグロッサは「言語」を意味し、ラレオは「私が話す」、または彼らがそれを呼ぶように「異言の祈り」を意味します。実際、これはさまざまな音の半意識的なつぶやきであり、独特の行動を伴います。人々は床を転がり、揺れ、トランス状態になります。これが、聖霊の降臨が人々に現れると思われる方法です。

他のすべての点で、ペンテコステ派はプロテスタントの信条に従います。彼らのための主で唯一の聖書の本は聖書です。彼らは正教会とカトリックの神聖な伝統を異端であり嘘であると考えています。ペンテコステ派は、第二の到来と世界の終わりのテーマに特別な注意を払っています。祈祷会は日曜日に開催されます。

統一された管理センターがないため、さまざまなペンテコステ派の教会の儀式と教義の解釈は大きく異なります。

ペンテコステ派は正統派ではありません

正教会のキリスト教徒とペンテコステ派の主な違いの1つは、聖餐式の聖餐式です。ペンテコステ派の中には、最後の晩餐を記念して月の第1日曜日に開催されるいわゆるパンの破れだけがあります。この行動は聖餐ではありません。正教会のクリスチャンにとって、聖体拝領は最も重要な聖餐であり、それなしでは霊的生活と魂の救いは不可能です。

ペンテコステ派は、そのような宗教的崇拝の現れが偶像崇拝であると考えて、聖人の崇拝とアイコンの崇拝を認識していません。

正教会のキリスト教徒は、アイコンを神、神の母、聖人の像の描写として尊重しています。そして、彼らは物質的な物体(アイコン)に祈るのではなく、聖人の像の前で祈っています。

アイコン崇拝の教義は、アイコンを尊重し崇拝すること(お辞儀の意味で、「神の性質だけにふさわしい」奉仕ではなく、敬意の外部のしるし)が画像自体を参照していないことを強調しています。そして、それが作られている素材ではなく、描かれている人物(プロトタイプ)にとってはなおさら、偶像崇拝の性格を持っていません。

アイコンの崇拝は、人間の本性によって描かれた言葉、イエス・キリストの化身によって可能であり、彼の単一の位位では、神の本性は切り離せません。定義によれば、「画像に与えられた名誉はプロトタイプに戻る」。

ペンテコステ派は赤ちゃんにバプテスマを授けませんが、日曜日の集会に祝福をもたらします。正教会のクリスチャンは、乳児期を含むあらゆる年齢でバプテスマを受け、子供の両親の信仰に従ってバプテスマを受けます。

ペンテコステ派と正教会のキリスト教徒の大きな違いは、サービスのパフォーマンスにあります。前者はそれ自体神聖な奉仕をしていません。祈祷会には、出席者がトランスのような状態に陥る様々な行動が伴います。正教会の神聖な奉仕-最も重要な聖餐が祝われる典礼-イエス・キリストの体と血の聖体拝領。

ペンテコステ派の宗派ですか

正教会によると、ペンテコステ派はキリスト教とは関係のないカリスマ的な宗派を指します。現代の宗派主義の研究者であるアレクサンダー・ドヴォルキンは、ペンテコステ派をその儀式で人間の精神的健康を害する可能性のある危険な宗派であると考えています。

ロシア正教会の司祭オレグ・ステニヤエフによれば、「プロテスタントは新プロテスタントと区別されるべきです。プロテスタントはルター派であり、英国国教会です。残りはすべて宗派です。 「セクト」という用語自体は、MartinLutherによって造られました。ガラテヤ人への手紙の解釈の紹介で、彼は次のように書いています。

「宗派はアナバプテストです。彼らは信仰をもって教えられておらず、誰も彼らを説教に送りませんでしたが、「送られないのなら、どのように説教するのですか?」「それで、現代の宗派がこの名前に腹を立てているなら、彼らに創設者の定義を見てもらいましょうプロテスタントの信者は彼らに、そして間接的には新プロテスタントのマルティン・ルターを与えました。 (宗派とのコミュニケーションに関する2013年10月16日のマスタークラスのビデオ録画のトランスクリプトから)。

ソース: https://pravoslavium.ru/pyatidesyatniki-eto-xristiane-sekta-ili-kto-to-eshhe/

ペンテコステ派は誰ですか-マスター

誇張のないペンテコステ派のリバイバルは、キリスト教の歴史の中で最も強力で大規模なリバイバルと言えます。

今日、すべてのプロテスタントの10億人のうち、6億人以上がペンテコステ派のカリスマ的方向の教会に属しています。

私はここ数年、ペンテコステ派の歴史を綿密に研究してきましたので、本日は、ごく少数の人が本当に知っている9つの興味深い事実を簡潔に紹介したいと思います。

ペンテコステ運動の歴史は、チャールズ・パーハム牧師の働きから始まりました。 1900年、パーハムは教会に対する人々の無関心を観察し、激しく神を求め始めました。彼は言った:「教会が社会の現代の挑戦への答えになりたいなら、私たちは霊の新たな注ぎ出しが必要です!」

チャールズは神をもっと求めるために、カンザス州トピーカにベテル聖書学校を設立し、40人の学生を登録しました。 1901年の大晦日の夜の祈りの間に、生徒たちがなじみのない言語で話したり書いたりするほどの力で聖霊が降りてきたのはこの学校でした!

この出来事の後、チャールズ・パーハムはテキサスのヒューストン市に移り、新しい聖書学校を組織しました。そこで教えられた主なトピックは、他の異言のしるしによる聖霊のバプテスマでした。この学校の生徒の一人はウィリアム・シーモアで、後に梓通りの復活のきっかけとなりました。

その前に、教会の歴史の中で、人々が他の言語で話すという事例がすでに知られていることに注目するのは興味深いことです。たとえば、モラヴィア兄弟、クエーカー教徒、さらにはアイルランドの聖パトリックです。しかし、チャールズ・パーハムのメリットは、他の言語で話すことが聖霊のバプテスマの証または証拠であるという教義を最初に確立したという事実に正確にあります。

2

ペンテコステ運動を始めた最初の人が女性であったことを知っている人はほとんどいません。

1901年の大晦日、チャールズ・パーハムとその生徒たちが聖霊の新たな注ぎ出しを祈ったとき、アグネス・オズマンという少女が立ち上がってこう言いました。「人々が聖霊のバプテスマを受けたとき、人々は異言で話します。按手で祈れば、今何かが起こると思います。」

彼女は前に出て、生徒全員が彼女を祈りで囲みました。ほんの数分で、アグネーゼ・オズマンは言葉では言い表せないほどのスピリットの存在を体験し、すべての生徒たちの大きな驚きに、中国語を話し始めました!神様の臨在が強すぎて顔が輝き始め、頭上に光輪のような輝きが現れました。

アグネーゼが書き込もうとすると、ペンから漢字が出てきました。目撃者によると、オズマンは3日目だけ英語で話しました。彼女は現代世界で最初に異言で話すというしるしで聖霊のバプテスマを受けた人になりました!

アグネス・オズマンの物語の詳細については、 私のブログで読む .

3

1906年2月、チャールズ・パーハムの浅黒い肌の学生、ウィリアム・シーモアがヒューストンからロサンゼルスに到着しました。彼の滞在の数ヶ月後、アズサストリートリバイバルとして知られる素晴らしいリバイバルがロサンゼルスで始まります。

あずさ通りのサービスは珍しいものでした。ベテスダのように、人々が集まって神の臨在が下がるのを待つたびに。彼らは歌を歌い、祈り、そして突然神が来られました。その結果、ミニストリー全体が動き始めました。人々は一斉に倒れ始め、大声で叫び、激しく震え、逆に、しびれ、言葉を発することができなくなりました。 。

会場は雲で埋め尽くされていたため、お互いが見えないこともありました。非常に頻繁に礼拝で、賛美の歌を歌った天使たちに気づきました。建物の上に火柱が現れ、地元住民が何度も消防隊を呼んだ。建物に向かう途中の数ブロックは、空気が濃くて歩きにくくなったため、立ち止まることが多かった。

しかし、この目覚めの最も重要な現象は、人々が他の言語で話す兆候を持って聖霊のバプテスマを受けたということでした。

4

あずさ通りの復活後、古い宗派に適合しなくなった多くの教会が生まれました。

そのため、1914年4月、20の異なる州から約300人の牧師が総大会に集まり、今日では神の集会として知られる新しい交わりを設立することが決定されました。

議会のメリットは、あずさ通りの復活の結果として生じたペンテコステ派の教会を事実上すべて団結させ、基本的な教義を確立し、異端に抵抗することができたという事実にあります。 (アズサストリートリバイバル中に浮かび上がった最大の誤解の1つは、神の三位一体の基本的な教義を拒否するワンネスカレントです。)

今日、アッセンブリーズオブゴッドは世界最大のペンテコステ派であり、212か国に6,800万人の会員がいます。

5

ペンテコステ派の教えは非常に興味深い方法でヨーロッパにやって来ました。 1906年、メソジスト牧師のトーマス・バラットがノルウェーからアメリカにやって来て、彼の小さな教会にある孤児院のために資金を集めました。

ニューヨークにいる間、トーマスは梓通りの目覚めについて聞いたが、お金の不足のためにロサンゼルスに旅行することができなかった。

それで、トーマスはホテルに閉じこもり、数日間神に叫び、神に御霊を注ぐように頼みました。ある晩、祈りの最中に、聖霊はトーマスに、彼が知らない言語で話すほどの力で降りてきました。

この出来事の後、トーマス・バラットはすぐに家に帰って霊的なバプテスマの教義を説教することを決心しました。

群衆が神に来て、聖霊のバプテスマを受け始めました。ノルウェーでのリバイバルについて聞いた後、スウェーデンのバプテスト牧師であるルイス・ペスラスがそこで何が起こっているのかを見に来ました。

聖霊のバプテスマを体験した後、ルイスはスウェーデンに戻り、後に偉大なリバイバルのきっかけとなりました。

ストックホルムにある彼のフィラデルフィア教会は5,000に成長し、ヨーロッパで最大の教会になりました。そこから、ペンテコステ派の火は他の国に広がり始めました。

6

ペンテコステ派の火事は、ノルウェーのトーマス・バラット省を通じてロシア帝国にもたらされました。バラットは最初にロシア帝国の一部であったヘルシンキに来始め、次にサンクトペテルブルクに来て、福音派のクリスチャンの間で聖霊のバプテスマの教義を説教しました。

短期間で、数十の教会がペンテコステ派の教義を採用し、聖霊によるバプテスマの教義がロシア帝国全体に広がり始めました。しかし、残念ながら、数年後、この運動は失敗しました。

それはすべて、アンドレイ・ウルシャンというイラン出身の説教者がサンクトペテルブルクにやってきたときに始まりました。その前に、彼はすでに梓通りを訪れ、聖霊のバプテスマを受けていましたが、神の三位一体の教義は彼の頭に収まりませんでした。

ウルシャンはロシアのすべてのペンテコステ派の教会に旅行し始め、神の三位一体を拒否して、一体性の神学を説きました。ですから、残念ながら、ロシアでトーマス・バラットによって設立されたほとんどすべての教会は、この誤った教えを受け入れ、真理から逸脱しました。その後、彼らは「使徒の精神の教会」という名前をとった宗教団体に団結しました。

グッドニュースミッションと呼ばれるこの運動は、サンクトペテルブルクを中心に、現在でもロシアに存在していることは注目に値します。

7

ペンテコステ派運動の真の突破口は、1921年にアメリカからニキータ・チェルカソフが到着したことでソビエト連邦にもたらされました。

オデッサに最初の教会を開いた後、ボロナエフはペンテコステ派の教えをウクライナ東部全体に広め始め、新しい教会を植えました。

1930年までに、オデッサ教会にはすでに1000人の会員がおり、400のペンテコステ派教会が組合全体に登録され、約25,000人が参加しました。

ソース: https://mastesovet.ru/kto-takie-pyatidesyatniki.html

*翻訳者のメモ:アメリカの文脈に基づいて、私たちはペンテコステ派だけでなくカリスマについても話している可能性が高いです .

2006年、ペンテコステ派は、1906年にアズサストリート(カリフォルニア州ロサンゼルス)で始まった現代運動の生誕100周年を祝いました。マガジン クリスチャンセンチュリー 「ペンテコステ派のダークサイド」についての記事を書くように頼まれました。この雑誌に書いて掲載しました。この資料は、フィリップ・ジェンキンスやジェームズC.A.スミスなどの著名な科学者からの怒りを引き起こしました。その後、両者は編集部に批判的な手紙を書いた。

私はまだあると思います ペンテコステ派のダークサイド ああ、あなたがそうするなら、その「影の側」、そしてペンテコステ派の指導者たちは、その暗闇を払いのける努力をしなければならず、影は後退します。これを達成するために本当に最善を尽くした人もいれば、真実に十分な声を上げなかった人もいます。

では、ペンテコステ派の「ダークサイド」とは何でしょうか。

まず、この宗派の文脈で、「ダークサイド」という用語が何を意味するのかを明確にしましょう。特定の宗教グループのすべての人が、「ダークサイド」という用語で指定されていることを特に非難しているとは思わないでください。私たちは、告白全体の欠点、つまりその有害な特徴について話している。これらの特性はそうではありません ユニーク この宗派のために、彼らは 独特です 自白が彼らから解放されるまで彼女。

第二に、私がペンテコステ派の暗い側面について話すとき、私は決してこの宗派を他のキリスト教グループに反対しているわけではありません。他にも暗い面があります。しかし、彼の人生のほとんどの間この宗派と非常に密接に関係し、それを非常によく研究してきた元ペンテコステ派として、私はこの宗派の暗い側面がいくつかのペンテコステ派よりもさらによく見えると本当に思います。

ペンテコステ派のダークサイドの最初の側面は 建設的な批判を無視して、批判的でない忠誠心を示す傾向 ..。ペンテコステ派の間には、指導者や宗派のメンバーの間の問題を含む、宗派の深刻な内部問題を指摘することほど「許されない」ものはありません。これは、ペンテコステ派運動自体の夜明けにまでさかのぼると思います。その創設者たちは、彼らの運動がジョエルの「終わりの日」(終わりの時)の予言の成就であると宣言したときです。それ以来、ペンテコステ派の間では、何よりも批判よりも宗派を優先する傾向がありました。常に自分自身を限界的で、誤解され、部外者によって歪められていると認識しているグループの自然な傾向は、内部または外部からの建設的な批判に対してさえ「ランクを近づける」ことです。

ペンテコステ派のダークサイドの2番目の側面は 横行する反知性主義 ..。はい、素晴らしいペンテコステ派の学者がいますが、彼らのほとんどはペンテコステ派の指導者によって宗派から追い出されています。それらのほとんどは、ある種の亡命に終わり、ペンテコステ派の大学、大学、神学校の外で教えられました。ペンテコステ派研究会のペンテコステ派の学者(ちなみに、私は協会の最初の全国会議に出席し、後のイベントで講演しました)は、ペンテコステ派の司教、主要なペンテコステ派の牧師、ペンテコステ派の伝道者(およびこれは、ペンテコステ派の教会の普通のメンバーの学んだ兄弟に対する態度については言うまでもありません)。

ペンテコステ派のダークサイドの3番目の側面は 「霊的に満たされた」そして「油そそがれた」説教者、伝道者、「治療者」を何よりも説明責任の台座に置く傾向 ..。通常、「優れた」もののほとんどは、台座から落ちます。もちろん、転倒を防ぐことはできたはずですが、誰もこれらのリーダーを何よりも優先することはないという条件で。

ペンテコステ派のダークサイドの4番目の側面は 肉体よりも精神的なものを高める傾向 ここに「すでに」存在する神の王国の観点から。神の国はしばしば、聖霊の超自然的な賜物の無数の現れとともに存在していると見られています。そうすることで、例えば、多くの霊的に変容し、聖霊に満たされ、社会正義を無視します。その歴史のほとんどの間、米国のペンテコステ派運動は、社会活動の主要な形態としての反共産主義に取り​​つかれてきました。たとえば、人種平等の原則はペンテコステ派の主流ではなく、一般に、ペンテコステ派は自分たちの宗派内でさえ人種差別を気にしませんでした。 (唯一の例外は、いわゆるメンフィスミラクル(1994)で、北アメリカの同胞団のすべての白いペンテコステ派が自発的に解散し、キリストの神の教会(主にアフリカ系アメリカ人)の後援を受けて入り、それによって新しいペンテコステ派が生まれました。グループ。

ペンテコステ派のダークサイドの5番目の側面は 他のクリスチャンに対する精神的な優越感 そして彼らの仲間の福音派を含みます。

ペンテコステ派のダークサイドの6番目の側面は 異端に対する粘り強さと狂信的な傾向。 そして、多くのペンテコステ派の宗派は繁栄の福音を批判しましたが、この偽りの福音の信者を彼らの階級から排除し、この教義を根絶することになると、彼らは十分に原則的で永続的ではありませんでした。

そしてペンテコステ派のダークサイドの最後の7番目の側面- 自己陶酔的な福音主義者や牧師をその階級に引き付ける宗派の傾向 で、実際には通常、これも山師であることが判明します。

アッセンブリーズオブゴッドやチャーチオブゴッド(クリーブランド、テネシー)などの主流のペンテコステ派は、ペンテコステ運動自体が一般的にすべての責任を負っているため、「ダークサイド」の罪を犯しているわけではないことに同意する価値があります。暗い側面の上。宗派に影を落とすものはすべて、主要なペンテコステ派の講演者が出席する主要な支配会議で声を上げるべきです。暗い側面は公に話されなければならず、宗派を中傷し、運動を彼らの周りの世界に悪く見せているペンテコステ派の指導者の疑似独立および/または分裂主義を強く非難しなければなりません。

長年ペンテコステ派の指導者を務めてきた叔父から、この宗派についての私自身の研究を通して、そして私が個人的に知っているペンテコステ派の学者や牧師との非常に良い接触を通して、私は有名なペンテコステ派の牧師、テレビ伝道者、巡回者をよく知っています説教者、他のペンテコステ派指導者に責任を問われることなく不安定な生活を送り続けている宗派の指導者は、これらの有名な「夫」に連れ去られ、信者を失うことを恐らく恐れているので、彼らを批判しません。数人の女性)。

投稿者:ロジャーオルソン、神学教授、ベイラー大学、ワコ、テキサス州、米国。

翻訳:Denisenko A.V.

他の宗教、信仰の基礎で掲示される

ペンテコステ派のキリスト教徒、宗派、または他の誰かですか?

記事を読むか、テキストの最後にあるビデオを見て、ペンテコステ派について最も興味深く有用なものをすべて見つけてください

ペンテコステ派は誰ですか

ペンテコステ派は、20世紀初頭に登場した「新宗教」運動のひとつであり、プロテスタント派の1つと見なされています。彼らは彼らの教えをペンテコステの新約聖書の出来事-使徒たちへの聖霊の降臨の日-に言及しています。

「ペンテコステの日が来たとき、彼らはすべて一緒に一致していました。そして突然、強風のように天からの音がして、家全体がいっぱいになりました。

そして、火の舌が彼らに、いわば、彼らのそれぞれに一つずつ現れて、休んだ。

そして、彼らは皆、聖霊に満たされ、聖霊が彼らに発話を与えたので、他の言葉で話し始めました。」 (使徒2:1-4)

ペンテコステ派は
ペンテコステ派の「祈祷会」

起源の歴史

1901年に、アメリカの福音主義者(「福音主義」-福音の文字通りの成就の考えによって団結した多くのプロテスタント宗派)チャールズフォックスは、彼の時代のクリスチャンが彼らの特別な精神状態を失ったという結論に達しました。使徒たちを区別したのと同じこと。彼はアメリカに学校を開き、そこで聖書の本「使徒言行録」が研究されました。

弟子たちに手を置くことによって、彼は聖霊のバプテスマの儀式を行いました。その後、彼の信者は、誰にも知られていない言語を含め、さまざまな言語で話し始めたと言われています。そして、贈り物を受け取り、病人を癒しさえしました。有名なノルウェーのメソジスト(メソジストはプロテスタントの傾向の1つです)の説教者であるトーマス・バラットは、この現象に興味を持つようになりました。彼はこの教えをヨーロッパに広め始めました。彼が1911年にサンクトペテルブルクに宣教師の訪問をしたロシアを含む。

1930年代、英国の宗教指導者スミスウィグルスワースは、彼が啓示を受けたと主張しました。それは、メソジスト派や他のキリスト教宗派の伝統的な教会で説教する必要性を指摘しました。ペンテコステ派とキリスト教教会のこの連合は、カリスマ運動の出現に弾みをつけました。

1970年代後半から、「繁栄理論」に基づいた新ペンテコステ派が出現した。それは、信仰の言葉の宗教運動を創設したアメリカのカリスマ的な説教者ケネス・ヘーギンによって策定されました。彼の見解によれば、神の意志によれば、人は健康で成功し、繁栄しているべきです。同様に、病気と貧困は、罪と、人が戒めに違反したことの証拠と、人に降りかかった神の罰の結果です。すべてのいわゆる現代のネオペンテコスタル教会がこの急進的な見方を共有しているわけではないことは注目に値します。

教義の特徴 ペンテコステ派

ペンテコステ派の主な宗教的考えは、聖霊のバプテスマです。これは、さまざまな感情的な経験またはトランス状態を意味し、その瞬間に、彼らの意見では、聖霊が降りてきます)。ペンテコステ派は、聖霊のバプテスマを、イエス・キリストの復活後50日目に使徒たちに起こった出来事と同一視しています。それから聖霊が彼らの上に降りてきて、彼らは異なる言語で説教し始めました。この日はペンテコステと呼ばれるため、宗教運動の名前は「ペンテコステ派」です。

ペンテコステ派のプロテスタントは、聖霊のバプテスマの外面的な現れを受けると信じています。これは他の言語で話すことの贈り物です(話者と彼の周りの人には知られていない音を発音しているように見えます)。また、まれに、癒しの賜物と予言の賜物もあります。

ペンテコステ派の最も特徴的な特徴はグロソラリアです。ギリシャ語から翻訳されたグロッサは「言語」を意味し、ラレオは「私が話す」、または彼らがそれを呼ぶように「異言の祈り」を意味します。実際、これはさまざまな音の半意識的なつぶやきであり、独特の行動を伴います。人々は床を転がり、揺れ、トランス状態になります。これが、聖霊の降臨が人々に現れると思われる方法です。

他のすべての点で、ペンテコステ派はプロテスタントの信条に従います。彼らのための主で唯一の聖書の本は聖書です。彼らは正教会とカトリックの神聖な伝統を異端であり嘘であると考えています。ペンテコステ派は、第二の到来と世界の終わりのテーマに特別な注意を払っています。祈祷会は日曜日に開催されます。

統一された管理センターがないため、さまざまなペンテコステ派の教会の儀式と教義の解釈は大きく異なります。

ペンテコステ派は正統派ではありません

正教会のキリスト教徒とペンテコステ派の主な違いの1つは、聖餐式の聖餐式です。ペンテコステ派の中には、最後の晩餐を記念して月の第1日曜日に開催されるいわゆるパンの破れだけがあります。この行動は聖餐ではありません。正教会のクリスチャンにとって、聖体拝領は最も重要な聖餐であり、それなしでは霊的生活と魂の救いは不可能です。

ペンテコステ派は、そのような宗教的崇拝の現れが偶像崇拝であると考えて、聖人の崇拝とアイコンの崇拝を認識していません。

正教会のキリスト教徒は、アイコンを神、神の母、聖人の像の描写として尊重しています。そして、彼らは物質的な物体(アイコン)に祈るのではなく、聖人の像の前で祈っています。アイコン崇拝の教義は、アイコンを尊重し崇拝すること(お辞儀の意味で、「神の性質だけにふさわしい」奉仕ではなく、敬意の外部のしるし)が画像自体を参照していないことを強調しています。そして、それが作られている素材ではなく、描かれている人物(プロトタイプ)にとってはなおさら、偶像崇拝の性格を持っていません。アイコンの崇拝は、人間の本性によって描かれた言葉、イエス・キリストの化身によって可能であり、彼の単一の位位では、神の本性は切り離せません。定義によれば、「画像に与えられた名誉はプロトタイプに戻る」。

ペンテコステ派は赤ちゃんにバプテスマを授けませんが、日曜日の集会に祝福をもたらします。正教会のクリスチャンは、乳児期を含むあらゆる年齢でバプテスマを受け、子供の両親の信仰に従ってバプテスマを受けます。

ペンテコステ派と正教会のキリスト教徒の大きな違いは、サービスのパフォーマンスにあります。前者はそれ自体神聖な奉仕をしていません。祈祷会には、出席者がトランスのような状態に陥る様々な行動が伴います。正教会の神聖な奉仕-最も重要な聖餐が祝われる典礼-イエス・キリストの体と血の聖体拝領。

ペンテコステ派の宗派ですか

正教会によると、ペンテコステ派はキリスト教とは関係のないカリスマ的な宗派を指します。現代の宗派主義の研究者であるアレクサンダー・ドヴォルキンは、ペンテコステ派をその儀式で人間の精神的健康を害する可能性のある危険な宗派であると考えています。

ロシア正教会の司祭オレグ・ステニヤエフによれば、「プロテスタントは新プロテスタントと区別されるべきです。プロテスタントはルター派であり、英国国教会です。残りはすべて宗派です。 「セクト」という用語自体は、MartinLutherによって造られました。ガラテヤ人への手紙の解釈の紹介で、彼は次のように書いています。

「宗派はアナバプテストです。彼らは信仰をもって教えられておらず、誰も彼らを説教に送りませんでしたが、「送られないのなら、どのように説教するのですか?」「それで、現代の宗派がこの名前に腹を立てているなら、彼らに創設者の定義を見てもらいましょうプロテスタントの信者は彼らに、そして間接的には新プロテスタントのマルティン・ルターを与えました。 (宗派とのコミュニケーションに関する2013年10月16日のマスタークラスのビデオ録画のトランスクリプトから)。

福音派のクリスチャン(ペンテコステ派)は宗派に属しているかどうか、彼らは誰ですか、なぜ彼らは危険なのですか、どのような宗教的傾向がありますか、彼らはロシアで禁止されていますか?私はこのトピックでフォーラムのメンバーを教育しようとします。

ペンテコステ派は誰ですか

キリスト教は、その存在の間に何度も分裂し、増殖し、新しい支部、教え、教会、宗派を形成してきました。歴史上知られている最大の分裂は、正教会とカトリックの信仰の間の分裂です。その後、カトリック教徒は分裂を続け、最終的にペンテコステ派教会が出現しました。ペンテコステ派教会は、多くの人と同様に、プロテスタントからスピンオフし、20世紀初頭にアメリカに出現し、ヨーロッパに移りました。そこから、信者たちは世界中に散らばり、最後の年を生き抜いていたロシア帝国を含​​め、自分たちを見つけました。ペンテコステ派は、西ウクライナで最大の人気を得ました。 827D0FE8-C241-490D-ACC0-04C07A4D3CEF.jpegソビエト連邦の間、ほとんどすべての宗教運動が迫害されましたが、宗派は生き残り、現在、その階級にますます多くの群れを引き付ける「新生」を発見しました。ペンテコステ派が宗派であるかどうかを理解することは価値がありますこの定義を参照してください。世界にはいくつかの主要な宗教があり、何らかの理由で崩壊したそれらのそれぞれの枝は、宗派の定義に該当します。したがって、この運動の信者がどのように自分自身を呼んでも、正式にペンテコステ派教会と呼ぶことができます。彼らの教えはキリスト教徒と対立する教義に基づいているため、彼らはもはや5つの世界の宗教の1つに属していません。Xweペンテコステ派(キリスト教福音教会)の説教は、正教会やカトリック教徒の神聖な奉仕とは異なります。この宗教運動の主な考えは、他の言語で話す能力を与える聖霊の降下です。奉仕の間、教区民はトランス状態、精神病状態に陥り、彼らが新しい機会を得て、ぎこちなく、一貫性のない叫び声を上げていると心から信じています。教会員が「所有している」と宣言し、キリスト教の側で不名誉に陥る理由となったのはこの特徴でした。 C55C1C27-89C9-43AD-9827-F786AA4CBF09.jpeg祈りには、厳しい姿勢と肉体的な運動が伴います。専門家は、そのような操作は催眠術師によって実験対象に対して行われ、発表者の意志に従うことを余儀なくされていると述べています。この宗教の特徴は、ヒステリー、精神病質、ヒステリー、その他の神経衰弱の症状です。症状のリストには、ヒステリックな泣き声、笑い声、けいれん、しゃっくり、動物の泣き声の模倣が含まれます。そして、一般的な態度はこれらの現象を悪化させるだけです。不均衡な精神を持つ人々はペンテコステ派の天の恵みです。 5DEC0F25-6A53-414B-98F3-EFCA25745188.jpeg

ロシアのペンテコステ派:禁止されているかどうか

ロシアの多くの宗教宗派のように、ペンテコステ派は寄付で存在し、これを積極的に使用して、彼らに後者を持ってくることを強制し、何の説明もしません。精神的に不均衡で印象的な人々、特に女性は、トランス状態に陥り、これらのセッションに夢中になり、「天から降りてきた恵み」と間違えます。宗教全体がこれに基づいています。ロシアのペンテコステ派は、文化的伝統の特殊性のために最も少ない分布を受け取りましたが、90年代に、多くの西洋の宗派のように、彼らは私たちの国に定住しようとしました。ペンテコステ派の教会は論争と争いに満ちています。この宗派には、儀式や伝統の単一のコードはありません。さまざまなコミュニティが、教会の秘跡をいつどのように実行するかについて議論しています。一般に、ペンテコステ派は、1つの教義に従属する、さまざまな宗教的形成の融合です。そうでなければ、それらはすべて著しく異なる可能性があります。 モスクワの福音信仰のクリスチャン教会「グッドニュース」 E77DC95A-5D55-4EA9-8D1D-43E60EE64F01.jpegペンテコステ派は、祈りへの完全な没頭を説きます。信者はトランスに深く没頭しているため、外の世界との接触を失います。この状態は、僧侶やヒンドゥー教のトランスによる瞑想に似ています。祈る人の頭にバケツの水を注いだとしても、彼を「目覚めさせる」ことはありません。別の種類の祈りは、教区民が文字通り汗をかき、酔ったようによろめき、情熱の状態にあるときに、人々を完全な精神的疲労に導く可能性があります。この場合、神経系の強制的な緊張とその疲労感があります。自分を狂乱に追い込むことがペンテコステ派の祈りの目標です。 A9FD02EE-820E-4C09-9C8C-5BB98367652C.jpegそのような精神に対する暴力の結果が「新しい能力の獲得」であり、それは神からの贈り物と見なされます。主なものは「他の言語で話す」ことです。信者がジブリッシュを運び始めた場合、それは聖霊が天から降りてきて、彼の祝福で彼を覆い隠したことを意味します。同時に、スピーチの一貫性のなさ、その無意味さ、理解できないことに誰も混乱しません。人々は神の言葉を理解できないと信じられており、「霊に影を落とされた」信者自身は彼らが言っていることを理解しておらず、それは彼ら自身にとって非常に普通であると考えています。結局のところ、人々は神の言葉を理解することはできません。「それは上から来て戻ってくる」のです。実際、この現象は超自然的なものとはほど遠いものです。コミュニティのリーダーは人々の精神に影響を与える多くの方法で武装しており、彼らは教区民をコントロールを失うところまで連れて行き、エクスタシーはどこからともなく現れません。 56FDFAC7-D750-4FDE-9DE7-F32DCF7EF538.jpeg神経質な興奮と緊張を人為的に支え、僧侶は人々の精神を打ち砕きます、そしてこれは疲れ果てた儀式を伴います。これはすべて、幻覚の出現、現実とのつながりの喪失、およびコントロールの喪失につながります。そのような処理を受けた人は、メンターが彼に言うことは何でもします。これが、他の多くの宗派と同様に、ペンテコステ派が危険である理由です。

注意

ペンテコステ派教会は禁止されている組織のリストには含まれていませんが、いくつかの制限措置が講じられています。宗派の信者は、演説をしたり、講堂を借りたり、路上で文学を配布したり、その他の宗教的信念の宣伝を行ったりすることを禁じられています。